「キャプテンスタッグ パワーインクリーザー」

画像

前記事「激安 シングルバーナー」の続報になります...m(_ _"m)ペコリ
タイムリーとはこのことを言うのでしょうね!

先日、キャンプ用品店の前を通りかかったらワゴンに値引き商品が出てたので覗くと・・・
な・ん・と!「キャプテンスタッグ パワーインクリーザー」と言う商品を発見・・・↑

画像

これ!何かと申しますと・・・カセットボンベを温める商品なんですよ。
俺も説明書読んで初めて知りました....“〆(゚_゚*)フムフム

これさえあれば・・・カセットボンベの弱点克服できるじゃないですか♪
迷わず・・・2個持ってレジに駆け込みましたよ・・・だって、580円なのよy(^-^)y

「キャプテンスタッグ パワーインクリーザーCB-250カセットボンベツーバーナー用 M-8816」
サイズ:(約)幅115×高さ245mm×高さ32mm
材質:セーフティカバー:66ナイロン
ヒートプレート:真鍮
ヒートアーム:胴棒(クロムめっき)

画像
画像

実に単純な構造で、金属棒↑の先端にバーナーの炎を当て、熱伝導でカセットボンベを温めるというなんとも単純な商品となっております。
ただ、340gとズッシリくる重さと携行するにはかさばる形状なのが泣き所ですね。

画像
取付状態↑
画像
取付状態↑

カセットボンベに取り付けた状態です・・・↑
上下に付いてるスプリングフックで引っ掛けるだけと、これまた単純な構造です。

画像
画像

「激安 バーナー」に取り付けた状態です・・・↑
金属棒が動くから、取付の自由度があり汎用性高いと思うよ?

金属棒の先端も丁度いい場所で、マジでボンベが温まるのよ。
(鍋乗せたら輻射熱と炎が横に広がるから)

長時間試してないから、どの程度熱くなるか分からないから慣れるまではこまめに状態を確認しないとね。
カセットボンベが爆発したら....w(゚o゚)wワオ!!...じゃ済まないから・・・(爆)

画像

次に「ユニフレーム (US-1000)」に取付たけど、金属棒が思った位置にこないから万力で金属棒を曲げました・・・↑
これも、安く買えたからこそ気兼ねなくできた。

画像

とっ言っても・・・まっすぐ伸ばしただけだけどね。
ただでさえ、携行・パッキングにかさばる形状が・・・絶句........↑

画像

収納や携行を完全に無視することで、『すんばらしぃ~!!』 (高畑充希風に)位置に・・・↑
カセットボンベが本体と離れることで安心が生まれました♪

今までみたいに、ボンベを炎に近づけて温める危険度MAXの禁断の行為をしなくてよくなったのは大きいよ!
金属棒と炎の距離次第で、ボンベの温度をコントロールできるからね♪

画像

金属棒の位置次第では、ガチでヤバいくらい熱くなるから気が付かずに長時間ほっといたら・・・
w(゚o゚)wワオ!!........爆死.........確定なので、自己責任以上の注意・管理ができる人向けですよ。
自信のない方は、素直にOD缶タイプを選ぶとあっちに逝かなくて済むと思う。

画像

カセットボンベの弱点、長時間使用による気化熱や気温が低いとガスが気化しにくく、強火が維持できず火力が弱くなるのがこれで克服できるようになりました。・・・『すんばらしぃ~!!』

カセットボンベの救世主ですな.....“〆(゚_゚*)フムフム
しかし!こんな画期的な商品があるなんて、俺としたことがうかつだったな~^^;
エッ......? 収納や携行ですか?.................^^;

YouTube↑の設定から画質(1080p)でお楽しみください。

「ユニフレーム (US-1000)」と「激安バーナー」の性能対決してみました・・・↑
《 500ml 》の沸騰時間勝負です。
(鍋は同じステンレスで 500ml 入れてますが、大きさが違うので参考程度にして下さい。)
「ユニフレーム (US-1000)」 3分 / 「激安バーナー」 4分50秒でした。

「激安バーナー」の火力ですが「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー」のコピー商品だけあり? 最大発熱量も同じ(2,300kcal/h)に近いんじゃないかな? かなり優秀な火力ですよ。
コーヒーやカップラーメンがメインなら、全然使えるバーナーなので参考までに・・・




※関連ページ
「激安 シングルバーナー」
http://kerker32.at.webry.info/201709/article_5.html
「キャプテンスタッグ パワーインクリーザー」
http://kerker32.at.webry.info/201709/article_6.html



この記事へのコメント

2017年09月23日 06:59
ガスカートリッジへの熱伝導補助用品とでも言うのでしょうか。詳しいレポート有難うございます。
実は今からもう25年以上も前のことです。(^^;
北アルプスの某所で冬期単独登山で雪上テント泊した時、イワタニのガスバーナー、それも冬用のガスカートリッジを持って行ったのですが、氷点下では点火しても火力が弱く、下に厚手のベニヤ板を敷きましたがあまり使えませんでした。なのでその後は、ホワイトガソリン用のバーナーを使っていました。こちらは氷点下でも火力は強いのですが、火力調整が出来ないし、ガソリンである以上取り扱いに非常に神経を使い、また使用後の分解清掃も必要でした。
その後、ご紹介の製品と同類のものを見つけて、自分もその威力を知り感激しました。ほんと世の中、いろいろと製品開発する人が居るのだなぁと感心しました。(^^)
2017年09月23日 19:32
>彗星さん

雪上テント泊ですか~
もうアウトドアを超えて冒険ですね!

ガソリンストーブ漢らしくてカッコいいなと思っていましたが、取り扱い面倒なんですね。
※ コメントについて!
気軽にコメントして下さい♪
メールアドレスホームページアドレスを記入しなくても、
お名前 (ニックネーム・ハンドルネーム)等とコメントだけで
書き込めますのでよろしくお願いします。



→ → メインページに戻る ← ←