「明神滝」《下の滝・中の滝・上の滝》


(より大きな地図で 「Google Map」を表示)

広島県広島市佐伯区湯来町にある「明神滝」です。
「明神滝」は《下の滝・中の滝・上の滝》の総称です。

ここは、今回で5回目の再訪になるんですよ...エッ......?
でも! 一回も記事にしてない自分的にある意味、幻の滝となってました・・・

画像

理由は過去3回・・・満足な写真が撮れず、見るに耐えない写真ばかりでしたので....(^_^;)
この滝はお日様が照ってると、下の滝と上の滝が太陽の光を反射して「白飛び」するんですよ!

天気の良い日にしかバイク乗らないしね!
もう1回は・・・撮影データ........間違えて削除しました。(泣)

今回10mmのレンズを使うのに、丁度「下の滝」が引いて撮れない滝なので試写も兼ねて行ってきました。
今回の記事中の写真は、過去に撮った画像と"ちゃんぽん"になってます・・・(爆)
特に今回は、中の滝は行ってません・・・下りるの大変だから....(汗)

画像

詳細な位置は「Google Map」↑で・・・
舗装林道ですが、かなりの酷道で落石当たり前って感じなので注意が必要です。

離合・Uターンする場所も少ないです。
かと言って・・・林道入り口から歩くとなると......結構ありますよ!

バイクを停めた場所から10m先右側が、下の滝入り口になります。↑

画像

《下の滝》の案内板です...↑
この横から、沢沿いに5分ほど上流に上ります。
沢左側に滝見道があるので問題ないと思う。

画像

「下の滝」です・・・↑↓
これが↑いままで撮ってた18mmの画角です。「キャノン EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS II」
滝前が狭く斜面の中腹に三脚据えて撮ってるので、これ以上後ろに下がれません。

画像

そして超広角10mm「シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」で撮るとこうなるんですよ~♪↑
周囲の景観も分るから、どんなところにあるのか伝わりやすいと思うけど。

大事なことなので、2度言いますね・・・φ(..)メモメモ...
「明神滝」は..............曇りの日に行け!.......です。
誰が言ったか、『滝見は曇りに限る』と・・・真理ですね。“〆(゚_゚*)フムフム

過去4回の再訪でも、何回撮っても・・・白飛びしました。(^_^;)
中の滝は木陰なので影響少ないと思うけど? 下の滝と上の滝は日差しをモロに受けるからね!

画像

《下の滝》の滝口です・・・↑
この絵↑は「下の滝」から登ったんじゃなく、「中の滝」から沢を下ってきました。
そして、ここを下るのは危険なので林道まで斜面を登り出ました。

画像

下の滝から林道を10分くらいで、次の《中の滝》の案内板があります・・・↑
今回行ったら、案内板・・・なくなってた........(゚-゚)ヾ(^^; オイオイ

目標は深い杉林の下の方から滝音がハッキリ聞こえるから急斜面を下ります。
林道からは杉林に隠れて見えません・・・100mくらい下ります。

画像

適当に下りても大丈夫ですよ!....エッ......?
どこから降りても沢に出るから。↑

後は感で上流か下流か判断して、沢に出れば分ると思うし・・・
探すほど歩く必要ないと思う。

画像
画像

「中の滝」です・・・↑
下りるのは杉につかまりながら下りれるから比較的楽に下りれますよ!
登りがね~^^

汗ダクになるのは、間違いないな~
沢で水分補給が吉.....“〆(゚_゚*)フムフム

画像
「中の滝」の滝口です・・・↑
画像

「上の滝」の案内板です・・・↑
この案内板から下りると、急勾配で危険なので40~50m下流に踏み跡がありますよ。

画像

「上の滝」の滝口です・・・↑
道路の横にあります。

画像

ピントがぼけてるけど、上の滝が白飛びしてるの分りますよね?↑
特に滝口の辺り・・・↑(画像は過去のもの)

画像

「上の滝」です・・・↑↓
これが↑いままで撮ってた18mmの画角です。「キャノン EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS II」

画像

そして超広角10mm「シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」で撮るとこうなるんですよ~♪↑
滝見に、これ1本で十分だと思う。
「シグマ 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」の望遠は持参するけどね。

レンズキットの一般的な18mmに交換する必要はないと思う。
このレンズの18mmとキャノンの18mmを撮り比べたけど違いが分らないから。

画像

もっと、横着すると10mmで撮ってトリミングしても大丈夫っぽいけどね?
画角が狭く写ってないと話にならないけど・・・
写ってさえいれば、何とかなると思うし。^^



"「明神滝」《下の滝・中の滝・上の滝》" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
※ コメントについて!
気軽にコメントして下さい♪
メールアドレスホームページアドレスを記入しなくても、お名前 (ニックネーム・ハンドルネーム)とコメントだけで書き込めますのでよろしくお願いします。